-
マイブログ

2020.04.01 ②

「いやー!!」

そう言って泣きながら女性に抱き付く女の子が1人…
見た事がない子だったので少し様子を見ていると、どうやら新しく施設に入る子だという事が分かりました。
4月で年度が変わった事もあり、18歳になり施設を退寮する子、進学する子もいます。
その兼ね合いで「空き」が出来た事で、他の子供達を受け入れる事が出来るようになったと職員の方からお聞きしました。
「空き」が出来たから……即ち、それだけ空きに入る事が出来ない子供達がいて、空きに入れずに苦しんでいる子供達がいてるという事だと思います。
そして、その空きに入れたからといって苦しまずに済む訳ではありません。

「また来るからね」

女の子に抱きつかれている女性が、女の子にそう言っても中々離そうとはしません。
女の子の年齢は3〜4歳くらい……人生に別れはつきものですが、女の子が経験するには余りにも早過ぎると思い、女の子の気持ちを考えると見ている事が出来ませんでした。

「またね」

そう言って女性は女の子を離し、部屋を後にしました。
女性が去った後も泣き噦る女の子。
僕は女の子の境遇を聞いていないので、詳しい事はまだ分かりません。
ただ、別れが人生のつきものならば出会いも人生のつきものです。

「○○ちゃん、遊ぼ!」

他の子供達が女の子に声をかけてその後、女の子は子供達と一緒に遊び始め、その光景を見て僕は少しホッとした気持ちになりました。

女の子にとってこの施設に来た事が良い出会いに繋がる事を祈るばかりです」

2020.04.01 ②に対する0件のコメント:

コメントRSS

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment